女性の尿漏れの原因となる過活動膀胱症候群を防ぐ

症状を感じたら泌尿器科へ

診察室

過活動膀胱症候群はいわゆる膀胱炎と関係しています。かつて、膀胱炎の原因は大腸菌にあると考えられてきました。しかし近年では、様々な原因があることが分かったのです。大腸菌が原因である膀胱炎なのか、過活動膀胱症候群なのかという点を見極めるポイントが存在します。それは、排尿の際に痛みがあるかどうかです。痛みがある場合は大腸菌によるものである可能性があります。一方、痛みのない場合には、この過活動膀胱症候群が疑われるのです。では、女性の悩みである尿漏れを引き起こす過活動膀胱症候群はどのような原因で発症するのでしょう。一点目の原因は、神経性によるものであるとされています。脳と膀胱の間に通っている神経が病気などの原因で機能不全を起こしたりすることが原因としてあります。二点目の原因には、骨盤底筋の緩みが挙げられます。この事象は、特に出産や加齢で起こるとされています。

この二点に当てはまらないといった場合には、ストレスが考えられます。三点目の原因として考えられているのは、日常的なストレスにより変に力が入ってしまっているような状況です。そのような状況が長く続いてしまうとこの症状が発症するため適度にリラックスする必要があります。この問題は、尿漏れに悩む女性の大敵として取り上げられますが、男性にも発症する症状です。原因に思い当たる点がある場合は直ちにクリニックで診察を受けると良いでしょう。適切な診察を受けることで治療へと向かうことができます。

症状にみる診察

症状によって、新宿の泌尿器科を訪れた方が良いタイミングというものが存在します。特に女性の悩みはデリケートなので、いくつかの症状のうち心当たりがあれば診察へと足を運ぶようにしましょう。

もっと読む

Copyright © 2017 女性の尿漏れの原因となる過活動膀胱症候群を防ぐ All Rights Reserved.